ゲンロンβ26

¥ 500 ( ¥ 540 )

この商品は、「電子書籍(ePub)」です。

お支払い、対応端末の詳細は、FAQをご確認ください。

数量 / Quantity

『ゲンロンβ』は、株式会社ゲンロンが年3回刊行する批評誌『ゲンロン』の姉妹誌です。2016年4月、『ゲンロン観光通信』からリニューアルし、現在も刊行を続けています。

2018年6月22日[金]発行
ゲンロンβ26 編集長=東浩紀

チェルノブイリと哲学

【チェルノブイリツアー特別掲載】観光客によるインタビュー/観光の余白としての哲学 東浩紀/【対談後編】中森+弓指+東「アイドルOと慰霊」/【休載前最終回!】黒瀬陽平/西島大介

  1. 【特別掲載】「チェルノブイリは観光地化を進めるべきか――観光客によるインタビュー」 アレクサンドル・シロタ 通訳・翻訳=上田洋子
  2. 原発事故で失われた街プリピャチの過去・現在・未来を発信する「プリピャチ・ドット・コム」代表アレクサンドル・シロタ氏と、チェルノブイリツアー参加者の質疑応答を収録!

  3. 観光客の哲学の余白に 第11回 観光の余白としての哲学 東浩紀
  4. 今月上旬のチェルノブイリツアーで東が感じた「居心地の悪さ」とは? チェルノブイリの観光地化と記憶の風化のなかで、「観光の余白」をいかに生みだすか。これからのビジョンを語ります。

  5. 【対談】ひとが「神」になったとき――アイドルOと慰霊をめぐって(後編) 中森明夫+弓指寛治+東浩紀(司会)
  6. 反響を呼んだ対談の後編!八〇年代と現代を接続させながら、弓指さんの展示の意義をあらためて考えます。

  7. 「ポスト」モダニズムのハード・コア 第25回 黒瀬陽平
  8. 不自然な断絶を多く抱えてきた戦後美術史の書き換えを目指す、筆者渾身の連載も一旦休載。休載前にこれまでの議論を概観します。執筆中の単行本への導入としても是非お読みください!

  9. トゥルーエンドを探して 第10回 西島大介
  10. 「大きな出来事を前にして重要なのは、何を考えたか…」。ゼロ年代を完全に終わらせた大震災の後、西島さんは「商業作家」をやめる決意をした⁉︎