ゲンロン観光通信 #5

¥ 500 ( ¥ 550 )

この商品は、「電子書籍(ePub)」です。

お支払い、対応端末の詳細は、FAQをご確認ください。

数量 / Quantity

『ゲンロン観光通信』は、株式会社ゲンロンが年3回刊行する批評誌『ゲンロン』の、電子書籍による姉妹誌です。
編集長は東浩紀で、2015年6月から2016年3月まで、全10号が発刊されました。
2016年4月より『ゲンロンβ』にリニューアルし、現在も刊行を続けています。

2015年10月9日[金]発行

ゲンロン観光通信 #5
編集長=東浩紀

土地の記憶と想像力
  1. 観(光)客公共論 #5 東浩紀
  2. 「ポスト」モダニズムのハード・コア──「貧しい平面」のゆくえ #5 黒瀬陽平
  3. 浜通り通信 #31 福島第一原発視察記 小松理虔
  4. フクシマ・ノート #6 南相馬市スケッチ 津波と原発事故被災地のいま──アレクサンドル君を南相馬・浪江のゾーンへ案内する 二上英朗
  5. 【ゲンロンスクールの現在 1】ゲンロン カオス*ラウンジ 新芸術校「春学期修了作品展・講評会」レポート 黒瀬陽平
  6. 【ゲンロンスクールの現在 2】批評再生塾ガイドブック #3 音響・文学 中谷径
  7. 【ゲンロンスクールの現在 3】病室の外を想像すること 〜市街劇『怒りの日』の黙する声〜 カオス*ラウンジ 新芸術祭2015という観劇体験 吉田雅史(批評再生塾塾生)
  8. チェルノブイリの勝者〜放射能偵察小隊長の手記 #35 セルゲイ・ミールヌイ 保坂三四郎訳
  9. メディア掲載情報
  10. 関連イベント紹介
  11. 編集部からのお知らせ
  12. 編集後記
  13. 次号予告