【サイン本キャンペーン中】新プロパガンダ論

¥ 1,800 ( ¥ 1,980 ) ~

このページで購入できるのは、「物理書籍(紙の本)」です。
ゲンロン直販でのご購入となります。
日本国外への発送は、1冊につき送料1000円を価格に含みます。
The shipping charge for orders sent to countries other than Japan is 1,000 yen per item.
Shipments will be made via air mail.

数量 / Quantity

【ゲンロンショップ限定!国内送料無料・著者サイン本キャンペーン中】

書店販売前の2021年1月27日(水)23時59分までに、
ご注文いただいた方を対象に国内送料無料キャンペーン中です!
また、著者の辻田真佐憲さん、西田亮介さん両名からのサイン本をご用意いたします!

※サイン本をご希望の場合は、ご用意の都合上、発送が1月29日以降となります。
 また、サイン本は数に限りがございますので、お申し込みが多数となった場合は締め切らせていただきます。
 ご了承ください。


『新プロパガンダ論』辻田真佐憲+西田亮介

ゲンロン叢書008
ソフトカバー・四六判 本体256頁 2021年1月発行 ISBN:978-4-907188-40-5
『新プロパガンダ論』特設サイト

※新型コロナウイルスによる航空路線運休の影響により、海外への発送が大幅に遅れる場合がございます。
 また、国内発送も状況によっては、新型コロナウイルスの影響により遅れてしまう可能性がございます。
 ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解・ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。


政治の戦場はいまや噓と宣伝のなかにある
気鋭の近現代史家と社会学者によるまったく新しい安倍長期政権分析!


近現代史研究者の辻田真佐憲さんと社会学者の西田亮介さんの連続対談を収録。
七年八ヵ月のあいだ継続し、憲政史上最長となった第二次安倍政権。
政治とメディアの力学を塗り替え、右派と左派を「アベ」と「反アベ」に再編したその情報戦略は、はたして「プロパガンダ」と呼べるのか?
立場を異にするふたりの研究者が徹底的に語り合います。
SNSの政治化、令和への改元、そしてコロナ禍を通して見えた、日本政治の普遍的な課題とは。
イメージが政治を支配する時代の「ワクチン」として、現代史を再検討します。


【目次】
まえがき 辻田真佐憲
第一章 プロパガンダとはなにか
第二章 「#自民党2019」をめぐって
第三章 情報戦略、メディア、天皇
第四章 コロナ禍と市民社会
第五章 安倍政権とはなんだったのか
あとがき 西田亮介
付録 国威発揚年表 2018-2020

著者紹介
辻田真佐憲(つじた・まさのり)
1984年大阪生まれ。評論家、近現代史研究者。政治と文化芸術の関係を主なテーマに、著述、調査、インタビューなどを幅広く手がけている。
著書に『日本の軍歌』(2014年)、『たのしいプロパガンダ』(2015年)、『空気の検閲』(2018年)、『古関裕而の昭和史』(2020年)、共著に『教養としての歴史問題』(2020年)など。

西田亮介(にしだ・りょうすけ)
1983年京都生まれ。東京工業大学リベラルアーツ研究教育院准教授。博士(政策・メディア)。専門は公共政策の社会学。
著書に『ネット選挙――解禁がもたらす日本社会の変容』(2013年)、『メディアと自民党』(2015年)、『情報武装する政治』(2018年)、『コロナ危機の社会学』(2020年)など。