ゲンロンβ64

¥ 500 ( ¥ 550 )

『ゲンロンβ』は『ゲンロン』の姉妹誌で、月刊の電子批評誌。編集長は東浩紀。連載陣はさやわかさん、小松理虔さん、田中功起さん、本田晃子さんほか。第18回大佛次郎論壇賞を受賞した小松さんの『新復興論』も本誌より生まれています。

数量 / Quantity

『ゲンロンβ』は『ゲンロン』の姉妹誌で、月刊の電子批評誌。編集長は東浩紀。連載陣はさやわかさん、小松理虔さん、田中功起さん、本田晃子さんほか。第18回大佛次郎論壇賞を受賞した小松さんの『新復興論』も本誌より生まれています。

2021年8月30日[月]発行
ゲンロンβ64 編集長=東浩紀

訂正可能性の哲学 東浩紀/性的流動性とキャラクターの自由 さやわか/未来の芸術と倫理の未来 田中功起/ベルリンでパパ鉄 河野至恩/デーモンコアと科学の原罪 全卓樹/宝塚歌劇とロシア 横山綾香

  1. 東浩紀 訂正可能性の哲学、あるいは新しい公共性について(部分)
  2. さやわか 愛について──符合の現代文化論 第10回 性的流動性、あるいはキャラクターの自由
  3. 田中功起 日付のあるノート、もしくは日記のようなもの 第8回 未来の芸術と倫理の未来のため?──7月30日から8月27日
  4. 河野至恩 記憶とバーチャルのベルリン 第2回 ベルリンでパパ鉄──父と子で味わうドイツ・ベルリンの鉄道文化
  5. 全卓樹 デーモンコアと科学の原罪
  6. 横山綾香 つながりロシア 第17回 宝塚歌劇はロシアをどう描いてきたか──コサックは雪にきえる