ゲンロン14

¥ 2,200 ( ¥ 2,420 ) ~

このページで購入できるのは、「物理書籍(紙の本)」です。

国外発送は、1冊につき送料1000円を価格に含みます。
The shipping charge for orders sent to countries other than Japan is 1,000 yen per item.
Shipments will be made via airmail.

数量 / Quantity
批評誌『ゲンロン』最新刊!!
年2回刊行にリニューアル!

A5判|本体260頁|2023年3月発行|ISBN:978-4-907188-48-1


 東浩紀が編集長を務める批評誌『ゲンロン』が年2回刊行に頻度を上げ、手に取りやすいパッケージになります。リニューアル第1号となる今号は、荒俣宏さん、鹿島茂さん、東の3名と、浦沢直樹さん、さやわかさん、東の3名による座談会2本を掲載するほか、小説家の櫻木みわさんによる書き下ろしのエッセイ、『中国における技術への問い』で注目を集めるユク・ホイの新連載など、幅広い記事を収録。
 これまで同様、人文知に関心のある読者層はもちろん、より幅広い方々へ楽しんでいただける内容になっています。

『ゲンロン14』特設サイトはこちら

【目次】

[座談会]荒俣宏+鹿島茂+東浩紀
コレクションはタイムトラベルだ──博物学的な知と「どっちつかず」の美学

————————————

[論考]東浩紀|声と戦争
[新連載]ユク・ホイ 訳=伊勢康平|共生の言葉について 惑星的なものにかんする覚書 第1回
[ゲンロンの目]櫻木みわ|沖島・東京冬日記

————————————

斜めから見る戦争
[論考]上田洋子|ネットとストリートの戦争と平和 ロシアの反戦アクティヴィズムについて
[論考]松下隆志|ロシアをレペゼンするのは誰か プーチン時代の政治とラップ
[論考]櫻間瑞希|国境を越えた結束と分断の狭間で タタール世界から見るロシア
[ゲンロンの目]辻田真佐憲|記念碑めぐりのすゝめ

————————————

[座談会]浦沢直樹+さやわか+東浩紀
「さあ、描けよ」 ロック、マンガ、テーマパーク

[連載]梅津庸一|陶芸と現代美術 『窯業と芸術』を開催するに至るまで──尖端から末端をめぐって 第11回
[連載]田中功起|言葉、夜の散歩、墓の制作、そしてアートのはじまり 10月1日から1月3日──日記のようなもの、もしくは日付のあるノート 第15回
[連載]小松理虔|水俣のチッソと小名浜のスイソ──当事者から共事者へ 第11回 ※再掲載
[ゲンロンの目]豊田有|ベニガオザルの社会から考える「平和」 ※再掲載

————————————

[コラム]山森みか|イスラエルの日常、ときどき非日常 ♯7 兵役とジェンダー(2)
[コラム]松山洋平|イスラームななめ読み ♯11 「共生のイスラーム法学」とは何か

————————————

ネコデウス14
寄稿者一覧
支援者一覧
編集後記

English Table of Contents

表紙:梅津庸一
デザイン:川名潤

【発送について】
国内の発送については、「レターパック」等のサービスで、東京・五反田の事務所より発送させていただきます。

【送料について】
国内発送の送料は1冊につき200円となります。総額6000円以上のお買い上げで送料無料とさせていただきます。