ゲンロン8
Genron8

¥ 2,400 ( ¥ 2,592 ) ~

このページで購入できるのは、「物理書籍(紙の本)」です。

国外発送は、1冊につき送料1000円を価格に含みます。
The shipping charge for orders sent to countries other than Japan is 1,000 yen per item.
Shipments will be made via air mail.

数量 / Quantity
※サイン本キャンペーンは終了しました。
試し読み用のページを公開しております。 こちらからご覧ください。

A5判 本体342頁 2018年5月発行 ISBN:978-4-907188-25-2

【特集:ゲームの時代】

ゲームという新しい技術あるいはメディアは、いかに21世紀を生きるわたしたちの生と認識を規定しているのか。 その連関を探る、ゲンロン史上最大の大型特集!

井上明人・さやわか・黒瀬陽平・東浩紀による50ページ超の共同討議に加え、 『ペルソナ』シリーズを手がけた橋野桂、インディーズゲーム向けプラットフォーム「PLAYISM」を立ち上げたイバイ・アメストイへのインタビュー、 さらに吉田寛の「ゲーム的リアリズム」論、アレクサンダー・R・ギャロウェイの翻訳論文等を掲載。 そして特別付録には充実のゲーム史年表と膨大なキーワード集。
ロシアの批評誌『青いソファ』編集長エレーナ・ペトロフスカヤ、哲学者オレグ・アロンソンへのインタビューも特別掲載。 現代タイのカリスマ作家プラープダー・ユン、東アジア思想の精鋭・許煜(ホイ・ユク)など国際色豊かな連載も充実。

 

 

二一世紀の『侍女たち』を探して 東浩紀

特集 ゲームの時代

[共同討議]メディアミックスからパチンコへ――日本ゲーム盛衰史1991-2018 井上明人+黒瀬陽平+さやわか+東浩紀
[補遺]視点、計算機、物語――斜めから見るゲームの時代 黒瀬陽平+さやわか+東浩紀
[論考]メタゲーム的リアリズム 吉田寛
[論考]現代美術の起源――二重化された視覚の系譜 黒瀬陽平
[論考]ボタンの原理とゲームの倫理 さやわか
[論考]ゲームはどのように社会の問題となるのか 井上明人
[インタビュー]経験装置としてのJRPG 橋野桂 聞き手│さやわか+東浩紀
[インタビュー]ゲームは黒澤明を求めている イバイ・アメストイ 聞き手│黒瀬陽平
[コラム]日本国外のヴィジュアルノベル ランディ・アウ 訳│坂上秋成
[論考]ゲーム的行為、四つのモメント アレクサンダー・R・ギャロウェイ 訳・解題│松永伸司
[キーワード]ゲームの時代 一〇の論点(前) 今井晋
[付録]ゲームの時代1991-2018年表

特別掲載

[インタビュー]レーニン、収容所、ポストモダニズム――ロシア現代思想の最前線
 オレグ・アロンソン+エレーナ・ペトロフスカヤ 聞き手│東浩紀 訳│上田洋子

連載

[集中掲載]中国における技術への問い――宇宙技芸試論 序論(2) 許煜(ホイ・ユク) 訳│仲山ひふみ
[随筆]新しい目の旅立ち[第5回] プラープダー・ユン 訳│福冨渉
[論考]独立国家論[第7回] 都市か農村かで眺める連合赤軍事件 速水健朗

コラム

軍歌は世界をどう変えたか #9 湘南藤沢の鵠沼海岸と「義勇軍行進曲」 辻田真佐憲
タイ現代文学ノート #6 「文学賞」の終わり 福冨渉
賭博:夢:未来 #20 「信用」のセキュリティ・ホール 市川真人

創作

ディスクロニアの鳩時計 午後の部 Ⅶ 海猫沢めろん

English Translations and Abstracts

【発送について】
国内の発送については、「クロネコDM便」等のサービスで、東京・五反田の事務所より発送させていただきます。


【送料について】
キャンペーン期間中につき、国内発送のみ送料無料でお届けいたします。