哲学の誤配

¥ 1,800 ( ¥ 1,980 ) ~

このページで購入できるのは、「物理書籍(紙の本)」です。
ゲンロン直販でのご購入となります。
日本国外への発送は、1冊につき送料1000円を価格に含みます。
The shipping charge for orders sent to countries other than Japan is 1,000 yen per item.
Shipments will be made via air mail.

数量 / Quantity

『哲学の誤配』東浩紀


ゲンロン叢書007
ソフトカバー・四六判 本体208頁 2020年5月発行 ISBN:978-4-907188-37-5
同時発売しておりますゲンロン叢書006の『新対話篇』 『新対話篇』『哲学の誤配』新刊2冊セットもよろしくお願いいたします!



応援カンパ商品の東浩紀サイン入り本を多数ご購入いただいているため、
 大変申し訳ございませんが、こちらでご購入いただいた本に東浩紀のサインは入りません。
 サイン入り本をご希望の方は応援カンパ商品のご購入をご検討いただけると幸いです。

※新型コロナウイルスによる航空路線運休の影響により、海外への発送が大幅に遅れる場合がございます。
 また、国内発送も状況によっては、新型コロナウイルスの影響により遅れてしまう可能性がございます。
 ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解・ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

誤配とは自由のことである――
近くて遠い読者に向けたインタビュー&講演録


韓国の読者に向けて語った2つのインタビューと、
中国・杭州での最新講演を収録。
誤配から観光へ展開した東思想を解き明かす必読のテキスト。
韓国の若手論客パク・カブンによる解説も掲載。
日韓並行出版。


【目次】

はじめに 東浩紀
第1の対話 批評から政治思想へ
第2の対話 哲学の責務
講演 データベース的動物は政治的動物になりうるか
解説 東浩紀との出会い パク・カブン
日本語版刊行によせて 安天


著者紹介
東浩紀(あずま・ひろき)
1971年東京生まれ。批評家・作家。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。株式会社ゲンロン創業者。
専門は哲学、表象文化論、情報社会論。著書に『存在論的、郵便的』(1998年、第21回サントリー学芸賞 思想・歴史部門)、『動物化するポストモダン』(2001年)、『クォンタム・ファミリーズ』(2009年、第23回三島由紀夫賞)、『一般意志2.0』(2011年)、『ゲンロン0 観光客の哲学』(2017年、第71回毎日出版文化賞 人文・社会部門)、『ゆるく考える』(2019年)、『テーマパーク化する地球』(2019年)ほか多数。