枝角の冠

¥ 350 ( ¥ 385 )

このページで購入できるのは、「電子書籍(ePub)版」です。

お支払い、対応端末の詳細は、FAQをご確認ください。

枝角の冠



数量 / Quantity

枝角の冠


※ 電子書籍のお支払いには、クレジットカードのみご利用いただけます。銀行振込でのお支払いはできません。 ※ iOS端末のChromeでは、電子書籍のダウンロードはできません。

力強い物語。3人の選考委員が揃って最高点をつけただけあって、のっけから尋常ならざる迫力を感じさせる。

一見、神話的な古代ファンタジーのようにも、先鋭的な(もしくは反動的な)フェミニズムSFのようにも見える作品だが、その人工的な設定にもかかわらず、単純な構造に還元しきれない荒々しい魅力を備えている。

「この作品には、書かれなければならなかった理由がある」(飛浩隆)、「自分が何を書こうとしているか、作者はよくわかっている」「候補作の中で、もっとも社会に出す価値のある作品」(東浩紀)と評された理由も、読めば納得できるはずだ。
ーー大森望(「解説」より)


その群れは多数の女とたった一人の「父」から成っていた。
「父」は女とちがい、全身を分厚い毛皮に覆い、頭上には枝角を冠のようにいただいていた。
「父」は年老いると女を殺しはじめ、最も強い女が男となり、
年老いた「父」を殺して新たな「父」となる。
13歳の少女ハイラはあるとき、自分の群れの「父」ではない、若い男の姿を見る……。

女とは、男とは、母とは、父とは。
ジェンダーに深く切りこんだ、
雄大なる社会派エンターテイメントSF!!

ゲンロン 大森望 SF創作講座>第3期で「ゲンロンSF新人賞」(選考委員:飛浩隆、大森望、東浩紀)に輝いた受賞作が電子書籍化!
改稿のうえ、大森望による解説を付す。


著者紹介
琴柱遥(ことじ・はるか)
青山学院大学文学部教育学科・日本宝飾クラフト学院宝石学部卒。ペンネームの由来は谷崎潤一郎『春琴抄』より。