憲法2.0−−情報時代の新憲法草案

¥ 400 ( ¥ 440 )

このページで購入できるのは、「電子書籍(ePub)版」です。

お支払い、対応端末の詳細は、FAQをご確認ください。

憲法2.0−−情報時代の新憲法草案



数量 / Quantity

憲法2.0−−情報時代の新憲法草案


※ 電子書籍のお支払いには、クレジットカードのみご利用いただけます。銀行振込でのお支払いはできません。 ※ iOS端末のChromeでは、電子書籍のダウンロードはできません。

2012年に発表され、 テレビ・新聞で話題を呼んだ「ゲンロン憲法草案」を 詳細注解付きで完全電子書籍化。
国民/住民、天皇/総理、ストック/フローの二分法から 再構築される、まったく新しい日本のすがた!

※本書は2012年刊行の『日本2.0』の一部をKindle用に再構成し出版したものです。
※2021年12月よりデータが第二版となり、別商品として販売しております。以前のものよりも読みやすいファイル形式になっています。


【目次】

起草にあたって 東浩紀
新日本国憲法ゲンロン草案
現行憲法(日本国憲法)
コンメンタール
 1.元首規定 白田秀彰
 2.総理 白田秀彰
 3.国民と住民 境真良
 4.自衛隊 白田秀彰
 5.選挙権の平等 境真良
 6.基礎自治体 西田亮介
 7.政議院 境真良
 8.監察院と人事院 境真良
 9.国民院と住民院 境真良
 10.司法 白田秀彰
 11.国民および住民の諸権利 白田秀彰、楠正憲
 12.憲法改正の手続き 白田秀彰
 13.研究会討議記録
憲法構想史概観
憲法構想史年表


著者紹介
ゲンロン憲法委員会
東浩紀(あずま・ひろき)
白田秀彰(しらた・ひであき)
境真良(さかい・まさよし)
西田亮介(にしだ・りょうすけ)
楠正憲(くすのき・まさのり)