ゲンロン4【電子書籍(ePub)版】
Genron4(ePub)

¥ 2,037 ( ¥ 2,200 )

このページで購入できるのは、「電子書籍(ePub)版」です。
「物理書籍(紙の本)」はこちらからお買い求めください

お支払い、対応端末の詳細は、FAQをご確認ください。

数量 / Quantity

※ ePub形式のみ販売しております。mobi形式は現在提供しておりません。
※ 電子書籍のお支払いには、クレジットカードのみご利用いただけます。銀行振込でのお支払いはできません。
※ iOS端末のChromeでは、電子書籍のダウンロードはできません。


A5判 本体370頁 2016年11月15日発行 ISBN:978-4-907188-19-1

昭和から平成の言論史を徹底総括、批評を未来に開く
「現代日本の批評」ついに完結!

【特集:現代日本の批評Ⅲ】
創刊号に始まる「現代日本の批評」の完結編。
共同討議では東浩紀・市川真人・大澤聡・佐々木敦・さやわかが、2001-2016年の批評史を一挙に総括。批評とネットの現代史を網羅した折込年表は過去最大のボリューム!
浅田彰への4万字インタビューでは、その個人史と戦後日本社会の歩みが重ね合わされる。杉田俊介五野井郁夫ジョ・ヨンイルの論考も必読。21世紀の批評はこれを読まずして語れない!

【特別掲載/充実の連載陣】
巻頭は山口二郎津田大介東浩紀の「リベラルは再起動するか」。参院選・都知事選の結果を踏まえ、リベラル復活の条件を問う。
黒瀬陽平速水健朗井出明らの評論に加え、タイ文学界のカリスマプラープダー・ユンの随筆が連載開始。海猫沢めろんの小説、国際色豊かなコラムなど連載陣も充実!

 

特別掲載

[鼎談]リベラルは再起動するのか 山口二郎+津田大介+東浩紀

 

批評という病 東浩紀

特集 現代日本の批評Ⅲ

[インタビュー]マルクスから(ゴルバチョフを経て)カントへ——戦後啓蒙の果てに 浅田彰 聞き手│東浩紀
[基調報告]ニッポンの文化左翼——ストーリーを続けよう? 佐々木敦
[共同討議]平成批評の諸問題 2001-2016 市川真人+大澤聡+佐々木敦+さやわか+東浩紀
[補遺]はてなダイアリーの時代——批評とネットの交差点 大澤聡+さやわか+東浩紀
[論考]ロスジェネの水子たち 杉田俊介
[論考]ストリートの思想の二〇年 五野井郁夫
[論考]柄谷行人と韓国文学再考 ジョ・ヨンイル 訳│安天+高井修 解題│安天

新連載

[随筆]新しい目の旅立ち[第1回] プラープダー・ユン

連載

[論考]他の平面論[第3回]怨霊たちの風景 黒瀬陽平
[論考]独立国家論[第3回]東北にもうひとつの「日本」ができる理由 速水健朗
[論考]ダークツーリズム入門[第11回]ロサンゼルス・ディアスポラ・ツーリズムガイド 井出明
[論考]グローバルアートとしての現代美術——批判的評定(後) ハンス・ベルティング 解題│中野勉
[コラム]安天/市川真人/辻田真佐憲/福冨渉

創作

ディスクロニアの鳩時計 午後の部 Ⅳ 海猫沢めろん

English

Translations and Abstracts